予算が足りないのは,様々な事情があると思います。

しかし一方で,教育は投機的な側面があるので,財政体力がないと,なかなか予算がつきにくい分野だとも考えられます。日ごろから計画を立て,必要性を訴え,「いくらあればどれだけできる」ということを把握していくことが大切だと考えます。そうすれば,「教育の機会均等」などを理由に,「段階的整備」の約束などを引き出すことが可能かもしれません。

逆に業者も,予算がわからないとどれだけ整備できるかわからない,という場合もあります。ある程度必要性が認められた段階で,RFIをかけたり,同規模自治体に問い合わせて,予算感を把握するのもよいかと思います。

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った (2)
in 03.予算 Tags: 予算必要性業者財政

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った (2)