各学校へのWi-Fi環境が整備されているところでは,Wi-Fiモデルのタブレットの整備が主になるかと思われます。一方,Wi-Fi環境の整備がこれからという自治体はどちらを選択するか検討する必要がありそうです。Wi-Fiの設備投資とセルラーモデルでの通信費用との比較は財政面では大きな検討課題です。

しかし,大切なことは,どのような活用をするのかという活用イメージが優先されるべきです。学校と家庭でのシームレスな活用をめざすならばセルラーモデルも選択肢になります。Wi-Fi環境が整備されているところでは,Wi-Fiとセルラーのハイブリットの活用も可能になります。

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
in 01.整備 Tags: wifiセルラー整備環境環境整備

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)