自治体のポリシーにもよると思いますが、

  • ICTを使った成果物のコンクールを作り,市民の観覧可能とする。(スピーチコンテスト,科学作品展,プログラミングコンクール,プレゼンテーション大会等)
  • YouTube などに公式channel を作り,許諾をとったうえで,作品掲載やライブ配信をする。
  • フリー参観日などに,ICTを使った授業を見せ,実際に触ってもらう。
  • 首長や議員などの視察を受けたり,コンクールに首長や議長の賞を作る。
  • 地元企業の協賛を受けたコンクールを実施し,審査に参加していただく。
  • JAETの認定に参加する。

など,できることから始めていきましょう。ただ,目的をしっかりもつことと,継続性が多くの負担なく担保されることに配慮しましょう。

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
in 06.保護者・住民・議会対応 Tags: アピール効果

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)