回答者の経験を一例として挙げておきます。参考になれば幸いです。

・忙しくても業者さんとはお会いして、情報をもらう。自社商品の開発の背景などを聞くと、他自治体の様子や調達につながる資料、業界の動向など情報が得られることも多いです。

・入札や選定過程、その後の監査等での説明も見据えて、同様のシステムや商品などの選定を他の課などで行っていたら、どのような手続きで行ったかを確認しておく。

・自治体の議会等の議事録などで、同様のシステムや商品について話題になったかを確認し、問い合わせがあった場合でも説明ができるような過程を踏み、資料が出せるように意識して行動する。他市の調達仕様書が公開されていたら入手しておく。

・常に文部科学省のHPなどで諸審議会等の議事録等を確認して、最新の情報を得るようにしておく。(JAPET & CEC やICT CONNECT 21のメールマガジン等は都度最新の情報を配信してくれるので、情報収集に有効でした。)

・行政職の方が調達に関わらない場合、教職員出身者では財政の仕組み・手続きなどで経験が不足しがちなので、財政部局等にこまめに相談に行く。ただ、アドバイスをもらったら次に相談に行くまでに資料化をするなど、形を残していくことは大切です。

・自分の業務のことだけを話さず、他の業務等のことを考えても、ICTに予算をつけることは優先順位が高いということを伝えていく。

このようなことは大切だと思います。

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
in 01.整備03.予算 Tags: 予算仕様書入札整備調達

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)