よくある質問

ICT活用と学力向上等の検証方法は、以下のような方法があります。

・アンケート調査(児童生徒に対する意識調査)
「楽しく学習することができた」「コンピュータを使った授業は分かりやすい」など、ICT活用の授業前後に調査を行ってこの伸びを比較したり、ICT活用を行っていない授業との比較をしたりする方法があります。

・学力調査
ICT活用を行った授業と行っていない授業の比較分析があります。テストの得点比較のような量的研究のみならず、対話の質を分析したり、ワークシートの記述内容を分析したりするなど、質的研究も重要です。

全体の分析のみならず、個々の児童生徒の学習者特性に対応した分析も考えられます。

なお、ICT活用による学力向上等の効果検証については、様々な論文、報告書等で報告がなされておりますが、代表的なものとして、以下の報告書や文献が挙げられます。

・文部科学省(2014)「学びのイノベーション事業実証研究報告書(第6章 ICTを活用した教育の効果)」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/030/toushin/1346504.htm

・文部科学省(2015)「ICTを活用した教育の推進に資する実証事業(ICTを活用した教育効果の検証方法の開発)」http://jouhouka.mext.go.jp/school/ict_substantiation/

・清水 康敬 (著), 公益財団法人パナソニック教育財団 (監修)(2016)One to Oneへの道 ~1人1台タブレットPC活用の効果測定と教育委員会・学校の挑戦~,教育同人社

ICT活用による学力向上等の検証方法について教えてください。