1.紹介事業:パナソニック教育財団 実践研究助成

 

2.事業概要

(1)小中高等学校の学校現場における教育課題の改善に、

ICTを効果的に活用して取り組む実践的研究に助成する事業です。

 

(2)具体的には2種類の助成があります。

①「一般」1年間 50万円:70~80件

・対象:小中高等学校・特別支援学校、複数校の教職員で構成された研究グループ、

都道府県・市区町村の教育委員会・教育センター・教育研究所

・特徴:贈呈式(4月)に研究内容のアドバイス、8月に中間アドバイス、

年間活動の報告を評価し、優秀な学校は、学会等での発表の機会がある

 

②「特別研究指定校」2年間 150万円+指導者(大学の研究者:年6回訪問):5件程度

・対象:学校単位の活動(小中高等学校・特別支援学校)

・特徴:年6回の指導で、研究内容をアドバイス。その進捗内容をホームページにて公開。

夏の成果報告会にて発表

 

(3)募集受付期間は、活動前年度の12月1日~1月20日頃

 

(4)活動期間は、4月~3月

 

(5)詳細内容は、こちらを参照

応募要項・申請

 

3.応募のポイント

・この事業の大きな目的は、研究成果を広く発信して、普及促進につなげていくことなので、

これからの新たな課題への取組みとなる新規性と、その成果を他の学校等が取組めるように

計画等が具体的であること。

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
in 03.予算 Tags: 補助金

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)